大学別入試対策

福岡歯科大学

数学 - 福岡歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

60分で記述式の高難易度の大問4題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
前年に較べると少しは易し目になったとは言え、決して簡単ではない難易度高めの記述式の大問が4題で、しかも60分と時間も短く、ゆっくり考えている時間的な余裕はない。確率、図形に絡んだ三角比三角関数の問題は3年連続で出題されている。数Ⅱの微分積分の分野は毎年出題されていて、接線、面積に関する分野がよく出題される。各問題は誘導小問群から成るので、とにかく、解ける問題からどんどん解いていってほしい。時間が足りなくなる可能性が大なので注意してもらいたい。どの問題も難易度は高いので、普段から応用問題を出来るだけたくさん解く練習を欠かさないでほしい。
ページトップへ戻る