大学別入試対策

大阪歯科大学

物理 - 大阪歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

標準問題を中心に記述などもでる!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、熱力学、電磁気からの出題である。内容は鉛直ばねの弾性エネルギーとその上に乗った物体の運動、等速円運動する音源によるドップラー効果、熱量計と金属球の熱容量と金属のモル比熱、金属棒に生じる誘導起電力で公式の導き、隣接する異なる磁場、回転導体棒が出題されている。標準問題を中心に出題され、鉛直ばねでのエネルギーの描画や金属のモル比熱の記述は戸惑っただろう。80分と試験時間は長いが余裕はあまりないので、手早く問題を解かなくてはいけない。
ページトップへ戻る