大学別入試対策

大阪歯科大学

生物 - 大阪歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

記号が少なく、記述が多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は細胞の構造と器官の問題が出された。1題は進化と組織に関する問題で、空所補充と筋肉と神経組織が出された。1題は代謝に関する問題で、空所補充・種子の構造・酵素・ATPの構造が出された。1題は生物の分類に関する問題が出された。語句選択の問題がなく、すべて語句を記入する問題である。問われている内容は難しいものではないが、語句を正確に書くためには、教科書を十分に読んで、生物の用語の意味と使い方を正確に覚える必要がある。
ページトップへ戻る