大学別入試対策

愛知学院大学

生物 - 愛知学院大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

実験考察問題が多い。時間に注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は細胞に関する問題で、細胞分画法・細胞小器官・葉緑体とミトコンドリアが出された。1題は神経に関する問題で、神経筋標本を使った伝導速度の計算・伝達物質・潜伏期・伝達についての記述が出された。1題は細胞膜に関する問題で、組成・働きが出された。1題は発生に関する問題で、イモリの後期神経胚を用いた記述が出された。基礎・基本的な問題が多く出されているが、記述が多いので、時間がかかる内容が多い。基本問題で記述の練習を十分にしておこう。
ページトップへ戻る