大学別入試対策

日本歯科大学(新潟生命歯学部)

数学 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

微分・積分を中心に

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2009年度から数学が必須で試験時間が60分となった。問題数は、穴埋め形式4問の独立小問群の大問1題、記述式の大問1題の合計2題である。難易度は高くなく基本問題が中心。記述式の大問[2]は、ほとんど微分・積分の問題であるが、接線、面積、最大最小に関する出題が多く、計算が多少大変になるので普段から準備をして計算に慣れておく必要がある。[1]の小問群は数Ⅰ、Ⅱの全範囲から出題されているが、ほとんどの問題は教科書の例題レベルであるので、全て完答するつもりで試験に臨むべきである。[2]の記述問題も、微分・積分の計算力を十分に身に付けて完答を目指してもらいたい。
ページトップへ戻る