大学別入試対策

鶴見大学

生物 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

分野が少ないので注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題となっている。1題は細胞膜に関する問題で、膜構造・膜の性質・作図・能動輸送が出された。1題は血糖量調節に関する問題で、消化・吸収・ホルモン・分泌・血管系が出された。1題は光合成に関する問題で、補償点・光飽和点・限定要因・陽生植物・陰生植物・考察問題が出された。細胞と顕微鏡は頻出である。計算も出来るように勉強しておきたい。代謝に関しても十分に計算力を身につけておきたい。遺伝が出題される事は珍しいが、問題数が少ないので解けるようにしておきたい。
ページトップへ戻る