大学別入試対策

鶴見大学

数学 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題4題、グラフを描く問題あり

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
記述式60分で大問4題である。[1]はグラフや領域を描く問題である。絶対値の入った関数の領域を図示する問題もよく出題される。場合分けをしっかりとやり、あわてず確実にグラフや領域を描く練習を普段からしておいたほうがよい。指数・対数関数、三角関数、三角比の問題は特に頻出であるので典型的な基本問題はしっかりとマスターしておきたい。合格ラインはかなり高いと予想されるので満点を目指すくらいの気持ちで試験に臨んでほしい。計算ミスは致命的になると思われる。特にケアレスミスには注意してほしい。
ページトップへ戻る