大学別入試対策

昭和大学

数学 - 昭和大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

全範囲から出題、頻出問題は完璧に

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
Ⅰ期、Ⅱ期のどちらも英数合わせて120分。2009年度、2008年度は大問4題。[1]は答のみ記す独立小問集、以下は記述式の大問。難しい問題が入ってくることもあるが、全体的に教科書傍用問題集の応用問題レベル。2007年度にベクトルが試験範囲に入ってからは大問に続けてベクトルの基本・典型問題が入っている。他には指数・対数、三角関数、 数列、微分・積分が頻出。2009年度は問題が易しくなり、どれも教科書傍用問題集の応用問題によくある、基礎力のある人なら解けるはずの問題ばかりであった。基礎レベルの問題集などで全範囲の基礎を一通り固めておこう。また、記述形式なので減点されない答案を作成できるように答案を先生にチェックしておいてもらおう。
ページトップへ戻る