大学別入試対策

東京歯科大学

数学 - 東京歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

2009年度は難化したが、基本・典型が中心

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
70分で大問3題。[1]は穴埋め形式の独立小問5問、[2]、[3]が記述式。2009年度はかなり難化。例年だと教科書傍用問題集に載っているような典型的~標準レベルの問題が多い。[1]の小問は数と式、三角比、数列、確率、指数・対数関数を中心に大問と合わせて全範囲から均等に出題。小問[1]の(5)は大問1題と同じくらい時間がかかることが多い。[2]はベクトルと図形と方程式が出題されているが、ここ3年間はベクトルが続いている。[3]は微分・積分からの出題で接線に関するものや面積を求めさせる問題が多く、基礎・典型問題をこなしておけば取れるような問題であることが多いのでこれから先に解くという手もある。
ページトップへ戻る