大学別入試対策

岩手医科大学

物理 - 岩手医科大学 ※2010年度以降の入試対策は行っておりません。

過去問の研究をしっかりすること!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。内容は鉛直ばね振り子による単振動、ボイル・シャルルの法則を用いた気体の状態変化、4つの抵抗と2つのダイオードによる直流回路である。典型的な問題が中心であり、基本~標準問題までが出題されている。鉛直ばね振り子と気体の状態変化は易しく、直流回路はダイオードの順方向接続と逆方向接続の見方を知らないと解けない。過去問をしっかり解いた受験生は高い得点を取れただろう。ケアレスミスなどをしないように注意すること。
ページトップへ戻る