大学別入試対策

岩手医科大学

数学 - 岩手医科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

全範囲からの出題、応用力も見られる

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
記述式の大問3題で60分。誘導形式の小問を指示に従って解いていけばよい。2009年度は問題が易しくなり、このレベルの問題だとミスは命取りとなる。2005年度以降は図形の問題はそれほど多くなかったが、2009年度は2004年度と同様に[1]が図形の問題。整数の絡んだ問題や個数の処理・確率は難しいことが多く、微分・積分は典型的な問題が出されることが多い。三角関数や指数・対数の問題は少し考えさせる問題が出されることもある。全体的に教科書の章末問題~教科書傍用問題集レベルの問題が中心であるが、考えさせられる問題も出される。また、記述形式なので答案の書き方にも注意が必要であるから、自分で作った答案を先生に見てもらっておこう。
ページトップへ戻る