科目別入試対策

物理

物理 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

電気回路は図をよく確認して解く!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問2題で構成され、力学、電磁気からの出題である。力学は斜面上の物体と糸でつながれ鉛直に吊るされた物体の運動で、一体となって運動するときや糸が切れた後の斜面上の物体の運動を考える問題である。電磁気は9個の抵抗と4個のコンデンサーと3個のスイッチと電池による回路で、スイッチの切り替えによる合成抵抗などを問う問題である。基本問題を中心に標準問題までが出題されているが、電気回路は落ち着いて解かないと見間違いなどのケアレスミスをしやすいので十分な注意が必要である。
ページトップへ戻る

物理 - 岩手医科大学 ※2010年度以降の入試対策は行っておりません。

過去問の研究をしっかりすること!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。内容は鉛直ばね振り子による単振動、ボイル・シャルルの法則を用いた気体の状態変化、4つの抵抗と2つのダイオードによる直流回路である。典型的な問題が中心であり、基本~標準問題までが出題されている。鉛直ばね振り子と気体の状態変化は易しく、直流回路はダイオードの順方向接続と逆方向接続の見方を知らないと解けない。過去問をしっかり解いた受験生は高い得点を取れただろう。ケアレスミスなどをしないように注意すること。
ページトップへ戻る

物理 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

題意を素早く読み取り選択しよう!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学2題、小問集合、エネルギーの総合が出題されている。力学は棒高跳びのエネルギーの種類の変化による考察と、壁に立てかけた棒の力と力のモーメントのつりあいである。小問集合はクーロン力、直列のばね定数、消費電力、可視光線の振動数、単原子分子の定積熱容量が出題されている。エネルギーは生活の中でのエネルギーの消費を車を例に考察する問題である。計算は少なく、知識問題が多くあるが、題意をしっかり読み取らないと選択に迷うことになるので、注意しよう。
ページトップへ戻る

物理 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題数が多いので、手早く解こう!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、熱力学、電磁気が物理Iから出題されている。力学は糸で吊るした棒のつりあいと斜方投射、波動はニュートンリング、熱力学は理想気体の状態変化、電磁気は内部抵抗を持つ電池を含む直流回路や電磁波の知識問題が出題されている。典型的な問題が中心であり、基本問題から標準問題までが出題されている。電磁波の知識問題は教科書レベルであり、一般常識も含まれている。問題数が多く、あまり時間に余裕がないので、手早く問題を解くことが必要である。
ページトップへ戻る

物理 - 東京歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

典型的な問題を確実に解くこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、1題は記述式の小問集合、他は力学、電磁気、熱力学からの出題である。小問集合は相対速度、等速円運動、光の反射と屈折、コンデンサーの基本的な問題である。力学は摩擦のある斜面をすべったのち斜方投射される小球の運動、電磁気はおもりをつるした導体棒の運動と誘導起電力、熱力学はピストンつき円筒内の理想気体の状態変化が出題されている。基本問題~標準問題までが出題され、典型的な問題が中心となっている。試験時間は70分あるが、手際よく解くことが必要である。
ページトップへ戻る

物理 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な問題を中心に出題される!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、電磁気、小問集合が出題されている。力学は鉛直ばね振り子の単振動、波動は光の液体とガラスでの屈折、電磁気はコンデンサーの電気容量と電位差、小問集合は立方体の体積と密度、車の加速度と運動エネルギー、並列での合成抵抗と電流、水と鉄の比熱と熱量保存が出題されている。基本問題を中心に出題され、単振動でのx-tグラフやv-tグラフ、コンデンサーでの電気力線や等電位線の描画が出題されている。時間配分に注意すれば、全問解ける。
ページトップへ戻る

物理 - 昭和大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題を解く順序にも気をつけよう!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題で構成され、力学、熱力学、波動、電磁気学のみ2題が出題されている。力学は斜面上での斜方投射、熱力学はばねつきピストンのある気体の状態変化、波動は光の屈折と全反射、電磁気はすべり抵抗器を含む直流回路と、磁場内の荷電粒子のらせん運動が出題されている。典型的な問題を中心に基本問題~標準問題までが出題されている。直流回路、斜方投射、らせん運動は扱ったことのない受験生には厳しい問題である。時間配分に十分な注意が必要であり、問題を解く順にも気をつける必要がある。
ページトップへ戻る

物理 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

典型的な問題を中心に出題される!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、小問集合、力学、電磁気、熱力学が出題されている。小問集合は慣性力の働く単振り子、像の浮き上がり、コンデンサーの電気容量、力学はv-tグラフから2つの物体の相対運動を読み取る問題でa-tグラフとx-tグラフの描画も出題されている。電磁気は磁場内の荷電粒子の等速円運動とらせん運動が出題され、熱力学はばねつきピストンのある気体の状態変化が出題されている。典型的な基本~標準問題が出題されているが、時間に余裕はないので、手早く問題を解くことが必要。
ページトップへ戻る

物理 - 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

解きやすい問題を確実に解くこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、電磁気、波動からの出題である。力学は粗い円盤の上の物体と糸でつながれた物体の直線運動と、円運動を考える問題である。電磁気はコンデンサーの極板間に金属板を挿入する問題で、電池をつなぐ場合とつながない場合とがある。波動は光が媒質から空気へ屈折する問題で、全反射も含まれている。基本~標準問題までが1題の中で出題され、学力の高さで得点が大きく変わるように工夫されている。時間に余裕はないので、効率よく解いていくことが大切である。
ページトップへ戻る

物理 - 神奈川歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

典型的な基本問題が出題される!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問6題で構成され、物理Iから力学と電磁気が各2題、波動と熱力学が各1題出題されている。力学はひもと壁による棒のつりあい、台車の受けた仕事と速さ、電磁気は直列と並列の合成抵抗、磁力の性質、電磁誘導とレンツの法則、波動は二重スリットによる光の干渉、熱力学は金属と水の熱平衡が出題されている。基本問題を中心に出題され、日頃の学習の成果がしっかりとあらわれる試験となっている。記述や描画は出題されなかった。時間には余裕があるので、ミスなどに注意しながら解くことが大切。
ページトップへ戻る

物理 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題でも数が多い、時間に注意!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題で構成され、物理Ⅰから電磁気、力学2題、波動2題が出題されている。電磁気は抵抗と可変抵抗による電気回路、力学は鉄塔頂上からの鉛直投げ上げ、自動車がブレーキの摩擦により静止するまでの運動をエネルギーや仕事で考える問題で、摩擦熱による熱量計算もある。波動は波の屈折の基本問題、風が吹く場合のドップラー効果となっている。基本問題を中心に標準問題までが出題され、いずれも典型的な問題である。時間のかかる問題はないが、数が多いので、時間配分に注意することが大切。
ページトップへ戻る

物理- 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題が多いので、手早く解くこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学、波動からの出題である。力学は斜面から水平投射された物体が壁に衝突してはね返り、地面に落下する問題であり、電磁気は磁場のかかる斜面上での導体棒の力のつりあいと誘導起電力の問題である。熱力学と波動で一つの大問となり、理想気体の状態変化と熱サイクルと、壁での反射があるドップラー効果が出題されている。基本~標準問題が出題され、典型的な問題である。時間のかかる問題はないが、問題の数が多いので、時間に余裕はないだろう。
ページトップへ戻る

物理 - 松本歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題が中心、ミスしないこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、電磁気、力学2題が出題されている。電磁気はモーターの原理と発電機の原理で、誘導起電力の概略の描画も出題されている。力学の1題目はばね定数や自然長を求めたり、斜面上のつりあいでのばねの長さを求める問題である。2題目は浮力と重力のつりあいから容器を水に浮かべた時の水面の高さを求める問題である。基本問題を中心に出題され、典型的な問題が多い。時間には余裕があるので、勘違いが多い水面の高さの問題は、丁寧に解くことが大切である。
ページトップへ戻る

物理 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

数値計算には意外と時間がかかる!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、物理Iから小問集合、力学、波動が出題されている。小問集合は電力と抵抗値、ドップラー効果とうなり、斜面上での等速度運動、動摩擦力と制動距離、円盤と小球の重心、最大静止摩擦力と弾性エネルギー、電力と水の沸騰、力学は気球の受ける浮力と水の浮力と抵抗力による物体の運動、波動は閉管の共鳴が出題されている。典型的な問題が中心であり、基本~標準問題までが出題されている。小問集合は基本的であるが、数値計算なので意外と時間がかかる。時間配分に注意すること。
ページトップへ戻る

物理 - 愛知学院大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題をよく読み、ミスはなしで!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。力学は自動車が摩擦力により止まるまでの運動を考える問題で、易しい問題であるが、時速を秒速にすることを忘れてはいけない。熱力学は球形容器内の気体分子運動論で、典型的な問題ではあるが解いたことのない受験生は手も足もでないだろう。電磁気はコンデンサーの電気力線を直列接続と並列接続について描画する問題である。問題の量から考えて、時間に余裕はあるが、気体分子運動論は最後に解いた方がよいだろう。
ページトップへ戻る

物理 - 大阪歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

標準問題を中心に記述などもでる!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、熱力学、電磁気からの出題である。内容は鉛直ばねの弾性エネルギーとその上に乗った物体の運動、等速円運動する音源によるドップラー効果、熱量計と金属球の熱容量と金属のモル比熱、金属棒に生じる誘導起電力で公式の導き、隣接する異なる磁場、回転導体棒が出題されている。標準問題を中心に出題され、鉛直ばねでのエネルギーの描画や金属のモル比熱の記述は戸惑っただろう。80分と試験時間は長いが余裕はあまりないので、手早く問題を解かなくてはいけない。
ページトップへ戻る

物理 - 福岡歯科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

面倒な計算は最後にするとよい!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、電磁気2題と、熱力学の小問が1問出題されている。力学は板のついたばねの仕事と、そのばねに小球を押し付けて離した後の運動であり、波動は波の屈折の基本問題である。電磁気の1題目は抵抗でのジュール熱と熱量計算、可変抵抗を含む直流回路であり、2題目は箔検電器である。基本問題を中心に出題され、典型的な問題ばかりであり、物理Ⅰの範囲の問題がほとんどである。手早く解けば時間が足りないことはないので、焦ってミスをしないように注意すること。
ページトップへ戻る