大学別入試対策

朝日大学

数学 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

全てマーク式で、基本典型問題中心

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
60分で大問5題、全てマーク問題である。2008年度まではマーク問題4題と記述問題1題であった。しかし実質、量は変わらず、1題の記述問題がマークに変わっただけである。出題は全範囲から満遍なく出されている。微分・積分と三角比の図形問題は毎年出題されている。難易度レベルは基本レベル中心であるが多少の計算力が求められる。二次関数の典型問題、個数の処理、確率も頻出なのでしっかりと対策をしておいてほしい。全ての出題範囲の分野について教科書の例題、章末問題程度の問題を完璧に解けるように十分鍛練しておくべきである。難問奇問は出題されないので、難問のことまでは心配しなくてもよい。
ページトップへ戻る

英語 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

多視点での出題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
発音・アクセント・並べ替え・語定義・正誤・会話・長文と、様々な出題形式である。したがってあらゆる角度から英語学習をする必要がある。長文は基本単語を習得してあれば、読解は易しい。正誤は文法などの正誤をきくものではなく、スペルミスを正すものやwine の種類がwhite とblackで正しいのかなどをきくもの。一風変わった問題である。発音・アクセント問題も多い。
ページトップへ戻る

化学 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本から標準問題、問題量は適切

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題からの構成で、問題内容はいずれも基本的な知識を問う問題から標準的な問題になっている。例年、記述形式の問題と穴埋め形式の問題が併用されていたが、2009年度ではすべて穴埋め問題になっていた。論述形式の問題もなく計算が必要な問題もあまり多くないので、時間が足りなくなったりすることはまず考えられない。化学の基本的な内容をどれだけきっちりと整理できているか。入試の定番問題をどれだけしっかりと演習できているかが合否の分かれ目。
ページトップへ戻る

生物 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題数が少ないので、ミスに注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は小問15問で、電子顕微鏡・タンパク質などが出された。1題は細胞に関する問題で、空所補充・ミトコンドリア・物質が出された。1題は遺伝の問題で、ABO式血液型が出された。1題はヒトの組織に関する問題で、組織の分類・神経が出された。基本的な内容が多いので、教科書中心の学習で良い。教科書の内容を正確に理解し、語句の意味や使い方を覚えたら、問題集の基本問題を多く解いて知識の定着を図ろう。ただ問題数が30問と少ないので、一問の得点が高いので注意。
ページトップへ戻る

物理 - 朝日大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

数値計算には意外と時間がかかる!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、物理Iから小問集合、力学、波動が出題されている。小問集合は電力と抵抗値、ドップラー効果とうなり、斜面上での等速度運動、動摩擦力と制動距離、円盤と小球の重心、最大静止摩擦力と弾性エネルギー、電力と水の沸騰、力学は気球の受ける浮力と水の浮力と抵抗力による物体の運動、波動は閉管の共鳴が出題されている。典型的な問題が中心であり、基本~標準問題までが出題されている。小問集合は基本的であるが、数値計算なので意外と時間がかかる。時間配分に注意すること。
ページトップへ戻る