大学別入試対策

日本歯科大学(新潟生命歯学部)

数学 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

微分・積分を中心に

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2009年度から数学が必須で試験時間が60分となった。問題数は、穴埋め形式4問の独立小問群の大問1題、記述式の大問1題の合計2題である。難易度は高くなく基本問題が中心。記述式の大問[2]は、ほとんど微分・積分の問題であるが、接線、面積、最大最小に関する出題が多く、計算が多少大変になるので普段から準備をして計算に慣れておく必要がある。[1]の小問群は数Ⅰ、Ⅱの全範囲から出題されているが、ほとんどの問題は教科書の例題レベルであるので、全て完答するつもりで試験に臨むべきである。[2]の記述問題も、微分・積分の計算力を十分に身に付けて完答を目指してもらいたい。
ページトップへ戻る

英語 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

バランスよく出題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
出題形式は、発音、並び替え、長文の下線部和訳・内容合致問題、文法の短文完成、イディオムの同義語を聞くもの。特に長文の下線部和訳が3問あるので、日頃から記述力をつけておく必要がある。又、前年度25問も小問で出された、発音・アクセント問題数が大幅に減少し、今回は発音8問になった。文法、並べ替え問題は、構文の知識を多く聞いてくるようだ。日頃から構文集などで、例文とともに構文を身につけておきたい。イディオムは同意語をきいてくる問題で出されている。
ページトップへ戻る

化学 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

化学の全範囲から満遍なく・・・

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題の出題であるが、小問集合や穴埋め問題が中心で化学の全範囲を満遍なく網羅している問題構成になっている。出題内容は基本問題から標準レベルの問題までで特に難しさや解きにくさは感じられない。しかし、やや問題量が多いような感じがする。中途半端に受験勉強を済ませてしまっている受験生では合格点には到達しないだろうし・・・その前に時間内にはまず解答が終わらない。逆にしっかりと受験勉強を終えている受験生には意外に簡単に感じられるかもしれない。
ページトップへ戻る

生物 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

各問題は内容が深いので注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題となっている。1題は進化に関する問題で、工業暗化・ヒトの分類・ヒトの特徴が出された。1題は生活史に関する問題で、スギゴケの配偶体や生活環が出された。1題は細胞に関する問題で、細胞小器官の働き・細胞小器官の構造・染色・原形質分離が出された。1題は神経系に関する問題で、ヒトの神経系・伝導・反射弓が出された。1題は遺伝に関する問題で、組換えを用いた遺伝・ABO式血液型が出された。基本的な問題が多いので、教科書を活用し、基本問題を多めに解いて問題に慣れよう。
ページトップへ戻る

物理- 日本歯科大学(新潟生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題が多いので、手早く解くこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学、波動からの出題である。力学は斜面から水平投射された物体が壁に衝突してはね返り、地面に落下する問題であり、電磁気は磁場のかかる斜面上での導体棒の力のつりあいと誘導起電力の問題である。熱力学と波動で一つの大問となり、理想気体の状態変化と熱サイクルと、壁での反射があるドップラー効果が出題されている。基本~標準問題が出題され、典型的な問題である。時間のかかる問題はないが、問題の数が多いので、時間に余裕はないだろう。
ページトップへ戻る