大学別入試対策

鶴見大学

数学 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題4題、グラフを描く問題あり

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
記述式60分で大問4題である。[1]はグラフや領域を描く問題である。絶対値の入った関数の領域を図示する問題もよく出題される。場合分けをしっかりとやり、あわてず確実にグラフや領域を描く練習を普段からしておいたほうがよい。指数・対数関数、三角関数、三角比の問題は特に頻出であるので典型的な基本問題はしっかりとマスターしておきたい。合格ラインはかなり高いと予想されるので満点を目指すくらいの気持ちで試験に臨んでほしい。計算ミスは致命的になると思われる。特にケアレスミスには注意してほしい。
ページトップへ戻る

英語 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

読解力を身につけ記述の練習をする

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問は3題~4題で、設問の形式にも毎年多少の変化がある。とはいえ、分量も難易度も同程度で、会話文が重視されていることも変わらない。単語の浅い知識と頻出構文の丸暗記だけでは、高得点は狙えない。文法問題はごく基本的なものばかりだが、選択肢のない場合があるので、確実な知識が必要。長文は会話文の形式を含む2題で、どちらも設問は多めで形式も多彩だが、問われている内容は一般的。ただし、下線部や空所の前後を見ただけで判断せず、内容を把握することが必要だ。全文をじっくり読み、わからない単語があっても文脈から判断し、深く読み込むこと。和訳や英訳を含めた書く練習も欠かせない。
ページトップへ戻る

化学 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本から標準レベルの問題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2009年度ではⅠ期、Ⅱ期とも大問5題の出題であり問題のレベルはそれほど難しくない。教科書の学習を一通り終えて教科書に準拠した問題集などで問題にもいくつか当たることができれば高得点も期待できる。若干計算問題の分量が多いような感じがしたり、異性体の数を数えたり解答に時間がかかりそうな問題も多い。最近では文字数制限の論述問題も出題されている。計算問題や論述問題に慣れていないと時間がかかってしまい、高得点をgetするのは苦しくなるかもしれない。
ページトップへ戻る

生物 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

分野が少ないので注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題となっている。1題は細胞膜に関する問題で、膜構造・膜の性質・作図・能動輸送が出された。1題は血糖量調節に関する問題で、消化・吸収・ホルモン・分泌・血管系が出された。1題は光合成に関する問題で、補償点・光飽和点・限定要因・陽生植物・陰生植物・考察問題が出された。細胞と顕微鏡は頻出である。計算も出来るように勉強しておきたい。代謝に関しても十分に計算力を身につけておきたい。遺伝が出題される事は珍しいが、問題数が少ないので解けるようにしておきたい。
ページトップへ戻る

物理 - 鶴見大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題でも数が多い、時間に注意!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題で構成され、物理Ⅰから電磁気、力学2題、波動2題が出題されている。電磁気は抵抗と可変抵抗による電気回路、力学は鉄塔頂上からの鉛直投げ上げ、自動車がブレーキの摩擦により静止するまでの運動をエネルギーや仕事で考える問題で、摩擦熱による熱量計算もある。波動は波の屈折の基本問題、風が吹く場合のドップラー効果となっている。基本問題を中心に標準問題までが出題され、いずれも典型的な問題である。時間のかかる問題はないが、数が多いので、時間配分に注意することが大切。
ページトップへ戻る