大学別入試対策

日本歯科大学(生命歯学部)

数学 - 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

二次関数、指数対数、三角比、微積中心

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2006年度まで数学、理科より2科目選び150分であったが、近年、数学は必須で、試験時間は60分で2題となった。[1]は穴埋め形式の小問4問、[2]は記述式の大問である。[1]は決して難問ではないので、合格点を獲得するに[1]の小問は全て完答したいところである。[1]は、二次関数、指数対数、三角比、微積中心に典型問題が出題されているので、しっかりとした基礎力と計算力を身に付けてほしい。[2]は、少しハイレベルの微分・積分の問題が近年出題されている。試験の時間は足りないと思われるので、手際よく正確に解いていかなければならない。
ページトップへ戻る

英語 - 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

文法も読解も高得点が求められる

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2007年度より3年連続で出題形式が大幅に変わった。大問が全部で3題。そのうち「発音」が1題(5問)、「短文の完成」が1題(15問)、総合読解問題が1題(20問)という、きわめてシンプルな形になった。60分で十分に解ける分量である。[1]の発音問題には頻出の基本単語が多い。[2]の「短文の完成」では文法の基礎が問われている。[3]は「地球温暖化が環境や健康に及ぼす影響」についての長文に対して、すべて4択の形式で、空所補充(6問)、同義語(4問)、内容説明(10問)が問われており、レベルは基本から標準である。「発音・アクセント問題」は全く対策をしないと差がつく。2009年度の読解英文は結構長いので、集中力と持久力が必要とされる。
ページトップへ戻る

化学-- 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

記述と穴埋めの標準問題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
出題内容や傾向に大きな特徴は見出しにくいが、記述問題と穴埋め問題の標準問題が出題されているということか・・・。あるいは小問集合問題が大問3題中2題で1題は計算問題の集合問題だということ。問題内容は難しくなくしっかりと受験勉強をしている生徒には問題なく回答できる。また、例年化学Ⅱの分野からの出題も含め全範囲から満遍なく出題されている。生命とか生活・環境などといった内容の問題も含めしっかりと学習をしておく必要がある。
ページトップへ戻る

生物 - 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

分野が広く、記述が多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題となっている。1題は維管束系とミクロメーターの問題であった。1題は代謝に関する内容で、反応の名称・空所補充・ATP利用などが出された。1題は血糖量調節に関する内容で、物質名・内分泌器官名・血糖値・フィードバックが出された。1題は遺伝に関する問題で、名称・肺炎双球菌が出された。1題は進化で、アミノ酸配列による分類の問題であった。基本的には教科書の内容をしっかりと理解することで十分であるが、分子生物学の分野の分類など、図解を用いて十分に勉強しておこう。
ページトップへ戻る

物理 - 日本歯科大学(生命歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

解きやすい問題を確実に解くこと!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、電磁気、波動からの出題である。力学は粗い円盤の上の物体と糸でつながれた物体の直線運動と、円運動を考える問題である。電磁気はコンデンサーの極板間に金属板を挿入する問題で、電池をつなぐ場合とつながない場合とがある。波動は光が媒質から空気へ屈折する問題で、全反射も含まれている。基本~標準問題までが1題の中で出題され、学力の高さで得点が大きく変わるように工夫されている。時間に余裕はないので、効率よく解いていくことが大切である。
ページトップへ戻る