大学別入試対策

日本大学(歯学部)

数学 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的だが考えさせられる問題が多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2009年度、2008年度では続けて大問10題になっている。基本的な問題が中心。しかし、よく見かける典型問題よりも、その場で考えないと解けない問題が多く、解法暗記では解けないが、基本的な考え方をよく理解しており、問題文をよく読みその場で考えながら解くことに慣れていれば正解にたどり着くものが多い。どの年も幅広く出されているが、放物線と直線(接線)、または放物線と放物線で囲まれる部分の面積を積分で求める問題はここ6年間毎年出ている。この手の問題についてはしっかり練習しておこう。また、試験時間に対して問題量がやや多い。解ける問題から解いていくべきである。過去問を解くことを通して時間配分ができるようにしておこう。
ページトップへ戻る

英語 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な語彙力と柔軟な表現力

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
長文2題、文法2題、会話文1題の計5題。全体的に記述の割合は高めだが、長い文章を書くのは和訳だけ。あとは部分的な英作文で、使用するのも基本的な単語やイディオムばかりだ。ただし制限時間が60分と短いことを考えると、スペリングを含めた正確で安定した知識を身につけておきたい。長文は、センターレベルの300~400語の英文を10分くらいで読みこなし、パラグラフごとの要約もできるように練習しておくこと。設問に先に目を通してキーワードをチェックして効率よく読むことが大切。会話文は、話の流れをつかむ力と口語的な慣用表現の知識が共に求められている。
ページトップへ戻る

化学 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

選択形式の問題がほとんど

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
化学Ⅰ、化学Ⅱの内容に関係なくとにかく全範囲から基本的な知識を満遍なく設問しているな・・・という印象を受ける。例年、ほとんどが1問1答形式の問題であるので、一見分量は多く感じられるが必要になる時間はさほどでもない。化学の受験勉強を1度しっかり終えている受験生には比較的容易に解答ができるはず。しかし、中途半端に受験勉強を終えている受験生には高得点は厳しいばかりか合格点にも及ばない。まじめにしっかりと受験勉強をしていることが合格の最短距離。
ページトップへ戻る

生物 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な内容が多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題となっている。1題は小問6問から構成されていて、細胞小器官・細胞分裂・陽生植物・免疫グロブリン・タンパク質合成・三葉虫が出された。1題はヒトの目に関する問題で、構造・名称・働き・物質・反応・目の誘導の連鎖が出された。1題は花芽形成に関する問題で、性質・植物の分類・実験考察が出された。1題は血液に関する問題で、血液凝固・個数が出された。1題は集団の遺伝に関する問題で、法則が出された。基本的な問題が多いので、教科書で語句の使い方や意味を覚えよう。
ページトップへ戻る

物理 - 日本大学(歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

典型的な問題を中心に出題される!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、小問集合、力学、電磁気、熱力学が出題されている。小問集合は慣性力の働く単振り子、像の浮き上がり、コンデンサーの電気容量、力学はv-tグラフから2つの物体の相対運動を読み取る問題でa-tグラフとx-tグラフの描画も出題されている。電磁気は磁場内の荷電粒子の等速円運動とらせん運動が出題され、熱力学はばねつきピストンのある気体の状態変化が出題されている。典型的な基本~標準問題が出題されているが、時間に余裕はないので、手早く問題を解くことが必要。
ページトップへ戻る