大学別入試対策

日本大学(松戸歯学部)

数学 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

まずは教科書の内容を完璧に

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
ここのところ易化傾向にある。出題範囲から満遍なく出されているが、積分で面積を求める問題はここ6年間毎年出されている。[4]では2008年度と2009年度でグラフを描かせて面積を求める問題が2年連続で出されている。難しく面倒な問題が出されている年もあるが、教科書の例題や章末問題のレベルの問題が解ければ合格ラインに達すると思われるので、まずは教科書レベルの内容をしっかり身につけるべきである。また、後の大問2題は記述式であり、ここ2年はグラフを描かせる問題も続いているので、減点されない答案やグラフを作成できるように、自分で解いた過去問の答案を先生に見てもらおう。
ページトップへ戻る

英語 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な読解力と単熟語力が問われる

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
読解問題1題、会話問題1題、文法・語法問題3題、やや特徴的な問題1題という出題形式が続いている。下線部和訳1問を除いてすべてマーク式である。読解問題では、和訳・内容説明・内容真偽・下線部和訳など読解力を中心とした総合的な英語力が試される。和訳対策としては、基本構文理解を徹底したうえで実際に和訳を書く訓練をしよう。「会話文」では文脈把握と慣用表現の両方が求められる。「同意語句選択」「短文の完成」「整序英作文」はいずれも標準的な内容なので、基本文法と熟語の定着を心がけよう。その他に、道案内や家族構成に関する説明の理解を問うような特徴的な問題も出る。
ページトップへ戻る

化学 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

[3]の長い問題が解きにくい

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2009年度では1期、2期とも大問3題の問題構成であった。問題の構成内容は基本的な小問集合問題や正文・誤文判定問題などで[1]、[2]と流れてゆき[3]では問題文が非常に長い蒸気圧の実験問題が1期。2期でも問題文が非常に長い状態変化に関する理論についての問題が出題された。[3]の問題は実験内容を理解したり、理論を理解したりするのに時間がかかり解答しにくい問題。ここの問題では意外と差は出ない。[1]、[2]の小問集合の問題が意外とケアレスミスや落とし穴になりかねない。
ページトップへ戻る

生物 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

正誤問題は難しい

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問5題となっている。1題は植物に関する問題で、顕微鏡観察についての問題が出された。1題はスイートピーの花の色に関する遺伝の問題であった。1題は神経に関する問題で、空所補充と論述が出された。1題は免疫に関する問題で、正誤問題が出された。1題はDNAとタンパク質に関する問題で、正誤問題が出された。基本的には教科書の内容に則した問題なので、教科書と基本問題を十分に行うと良いと思う。遺伝は毎年出されているので、特に重点を置いて練習しておこう。
ページトップへ戻る

物理 - 日本大学(松戸歯学部) ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な問題を中心に出題される!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、電磁気、小問集合が出題されている。力学は鉛直ばね振り子の単振動、波動は光の液体とガラスでの屈折、電磁気はコンデンサーの電気容量と電位差、小問集合は立方体の体積と密度、車の加速度と運動エネルギー、並列での合成抵抗と電流、水と鉄の比熱と熱量保存が出題されている。基本問題を中心に出題され、単振動でのx-tグラフやv-tグラフ、コンデンサーでの電気力線や等電位線の描画が出題されている。時間配分に注意すれば、全問解ける。
ページトップへ戻る