大学別入試対策

明海大学

数学 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

図形の問題が多い、時間配分に注意

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
図形の問題が目立つ。大問4題を60分で解くが、分量はかなりあり時間内に完答するのは難しい。解きやすい問題から解かないと時間不足となる。[4]の個数の処理や確率は易しいことも多いので[4]から解くという手もある。[1]の計算問題は易しい場合が多いが、整数問題などは意外に時間がかかることもあるので注意。全範囲について基礎は固めておき、その上で必出でウエイトも大きい図形問題の対策を。2008年度や2009年度の[3]のような問題は問題集などにもそれほど載っていないので、センター試験過去問の「平面幾何」の問題などを解いて練習するとよい。満点を狙わず、時間内に取れる問題を確実に取るように、過去問を通して練習しておこう。
ページトップへ戻る

英語 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基礎を固め、形式に慣れるのが大事

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2005年度から5年連続同じ形式、配点である。[1]正誤問題10問。[2]整序問題10問。[3]同意語句選択問題10問。ここまで1問2点で60点。[4]読解問題2題・内容合致計10問。1問4点で40点(一昨年まで同大ホームページ上に、配点が出ていた)。対策としては地道に文法や単語熟語の基礎をがっちり固めること。また読解はパラグラフごとに設問を解いていく方法に習熟し、類似問題を数多く解けば、苦手な人でもコツはつかめるはず。5パラグラフに対して5問であることに着目しよう。全学部同形式なので他学部も含めて過去問をできるだけ多く解いておくのが合格への王道である。
ページトップへ戻る

化学 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

標準的な問題だが量がやや多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2006年度では7題、2007年度では8題、2008年度では7題、2009年度では6題の出題で、標準問題ばかりのマーク式の問題とはいえやや問題量が多く感じる。また、計算問題も含まれているので時間配分には十分気をつける必要がある。2009年度ではマーク数が32になっているのでマークシートに色を塗るだけでも時間がかかりそうだ。化学反応の量計算や滴定の計算、電気分解のファラデーの計算問題などもよく出題されているので、基本的な計算方法や方程式の立て方などはしっかりと練習しておく必要がある。
ページトップへ戻る

生物 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

正誤問題が多い。やや難しい

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は細胞に関する問題で、選択と正誤問題で5問出された。1題は細胞分裂と受精に関する問題で、選択と正誤問題で5問出された。1題は遺伝に関する問題で、ショウジョウバエを用いた遺伝の正誤問題が5問出された。1題は恒常性に関する問題で、空所補充・正誤問題が6問出された。教科書の内容を十分に理解することから始めよう。生物の語句を正確に覚えて、使えるように、また説明出来るようにまとめておこう。問題集は基本問題を多く解いて問題になれよう。
ページトップへ戻る

物理 - 明海大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題数が多いので、手早く解こう!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学、波動、熱力学、電磁気が物理Iから出題されている。力学は糸で吊るした棒のつりあいと斜方投射、波動はニュートンリング、熱力学は理想気体の状態変化、電磁気は内部抵抗を持つ電池を含む直流回路や電磁波の知識問題が出題されている。典型的な問題が中心であり、基本問題から標準問題までが出題されている。電磁波の知識問題は教科書レベルであり、一般常識も含まれている。問題数が多く、あまり時間に余裕がないので、手早く問題を解くことが必要である。
ページトップへ戻る