大学別入試対策

奥羽大学

数学 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

全範囲の基本問題をしっかりと

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
60分で大問が6題。全てマーク式である。2008年度は5題であったので1題増えたことになる。答えのみ求めればよいので助かる問題もあれば、計算をミスすると部分点が貰えずに悔しい思いをする問題もある。勘で当たってしまう問題もある。計算ミスは致命的なのでケアレスミスには十分に注意したい。特に難問ではなく基本問題と多少応用力を必要とする問題である。頻出の三角関数、高次方程式、指数関数の問題などは基本問題であり、絶対に落とせない問題であるので計算間違いをせずに確実に得点する必要がある。2009年度は微分・積分の分野の問題が2題も出題されたので微分・積分の対策をしておくべきである。
ページトップへ戻る

英語 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本単語と頻出文法問題を確実に

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
出題傾向・形式ともに、ほぼ定着している。基本的な語彙力があれば、短時間で高得点が狙えるはずだ。同意語、反意語、用法、品詞の変換を含めた、単語とイディオムの知識を確実にしておくこと。整序英作文と4択の空所補充も、頻出の構文がすぐに頭に浮かぶようにしておけばノーミスでいけるはずだ。長文読解も、単語や文法の知識のみで答えられる設問が半分を占めていて、1問も落としたくない。内容一致問題については、センターレベルの長文で練習してコツをつかんでおきたい。全体を通じて、ケアレスミスが命とりになる。
ページトップへ戻る

化学 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

教科書の内容に忠実な標準問題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
マーク形式の出題。マーク数は一期・二期とも30~40問程度を考えておけばよいだろう。しかし、60分の試験時間に対してはやや問題量が多いような感じがあるので時間的な面ではやや注意する必要がある。一期・二期共に出題されている正文・誤文の選択問題では、ややハイレベルな知識が要求される問題もあるが、全般的にはセンター試験の正文・誤文問題を感じさせるような内容である。また、例年化学Ⅱの範囲の計算問題や生命・生活に関する内容も出題されている。
ページトップへ戻る

生物 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

問題数が少ないのでミスは危険

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は小問10問で構成されていて、8分野からの出題となっている。1題は血液循環に関する内容で、心臓の構造・心筋・中枢・ホルモン・血管系が出された。1題は代謝に関する問題で、解糖系・クエン酸回路・電子伝達系・発酵・ATP量が出された。1題は免疫に関する問題で、リンパ球・血液凝固・抗体・アレルギーが出された。特定の分野に関する問題が多いので、不得意分野があると危険である。全範囲を覚えておこう。特に遺伝はよく練習しておこう。
ページトップへ戻る

物理 - 奥羽大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

題意を素早く読み取り選択しよう!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題で構成され、力学2題、小問集合、エネルギーの総合が出題されている。力学は棒高跳びのエネルギーの種類の変化による考察と、壁に立てかけた棒の力と力のモーメントのつりあいである。小問集合はクーロン力、直列のばね定数、消費電力、可視光線の振動数、単原子分子の定積熱容量が出題されている。エネルギーは生活の中でのエネルギーの消費を車を例に考察する問題である。計算は少なく、知識問題が多くあるが、題意をしっかり読み取らないと選択に迷うことになるので、注意しよう。
ページトップへ戻る