大学別入試対策

岩手医科大学

数学 - 岩手医科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

全範囲からの出題、応用力も見られる

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
記述式の大問3題で60分。誘導形式の小問を指示に従って解いていけばよい。2009年度は問題が易しくなり、このレベルの問題だとミスは命取りとなる。2005年度以降は図形の問題はそれほど多くなかったが、2009年度は2004年度と同様に[1]が図形の問題。整数の絡んだ問題や個数の処理・確率は難しいことが多く、微分・積分は典型的な問題が出されることが多い。三角関数や指数・対数の問題は少し考えさせる問題が出されることもある。全体的に教科書の章末問題~教科書傍用問題集レベルの問題が中心であるが、考えさせられる問題も出される。また、記述形式なので答案の書き方にも注意が必要であるから、自分で作った答案を先生に見てもらっておこう。
ページトップへ戻る

英語 - 岩手医科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な文法力、語彙力を徹底する

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
出題形式は例年通り大問5題。[1]は中文の読解問題。問題文は易しめで、単語も基礎レベル。空所補充及び英文和訳が出題されている。空所補充は前後関係の意味を丁寧に取り、基本的な語彙力、文法力をしっかり身に付けていれば必ず解ける。和訳は的確な日本語で書けるようにする。[2]は短文の空所補充問題。文法、語法、構文、イディオムと全て教科書レベル。[3]は中文の空所補充問題。語形変化が求められるので、大問[1]と同じく、前後関係の意味を正しく読み取る力と文法力の両方が必要である。[4]は整序問題。[5]は和文英訳2問。短く平易な問題である。全範囲にわたる基礎文法力、語彙力が徹底されていれば得点できる。
ページトップへ戻る

化学 - 岩手医科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題の集合問題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
2008年度ではやや難易度が高くなっているような感じがしたが、2009年度では例年通り基本問題の集合の問題構成になっている。高等学校の教科書で一通りの勉強を終えたら、教科書の傍用の問題集で何回か基本問題を繰り返し学習することが出来れば十分に対応できる問題内容だと思われる。2008年度では[1]では反応速度と化学平衡に関する化学Ⅱの内容に関する問題も出題されていたが、2009年度では化学Ⅰのみの内容からの出題になった。高得点を取ることは十分可能である。
ページトップへ戻る

生物 - 岩手医科大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的な問題なので高得点になる

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題となっている。1題は精子に関する問題で、精子形成・名称・減数分裂・受精膜が出された。1題は好気呼吸に関する問題で、反応系・反応場所・物質名称・細胞膜の性質・メチレンブルー・呼吸商が出された。1題はDNAの複製に関する問題で、細胞周期・塩基の種類・相補性・ヒストンが出された。基本的な問題が多いので、教科書を十分に読んで語句の意味と使い方を覚えよう。分野が少ないので、不得意分野を作ると得点を大きく落とすことになる。全範囲の基本問題は押さえておこう。
ページトップへ戻る

物理 - 岩手医科大学 ※2010年度以降の入試対策は行っておりません。

過去問の研究をしっかりすること!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問3題で構成され、力学、熱力学、電磁気からの出題である。内容は鉛直ばね振り子による単振動、ボイル・シャルルの法則を用いた気体の状態変化、4つの抵抗と2つのダイオードによる直流回路である。典型的な問題が中心であり、基本~標準問題までが出題されている。鉛直ばね振り子と気体の状態変化は易しく、直流回路はダイオードの順方向接続と逆方向接続の見方を知らないと解けない。過去問をしっかり解いた受験生は高い得点を取れただろう。ケアレスミスなどをしないように注意すること。
ページトップへ戻る