大学別入試対策

北海道医療大学

数学 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本問題から発展問題まで出題される

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
小問誘導形式の大問3題を60分で解く。時間的な余裕は全くない。基本問題から難問に分類される問題まで出題される。数Ⅱの微分・積分の問題は、接線、面積、最大最小に関する基本問題レベルより上の標準レベルの出題が多い。時間的に考えても全問完答する余裕は無いので比較的簡単な基本問題から確実に得点しなくてはならない。ハイレベルの問題が出題されるが、誘導形式なので途中まででも確実に解いて得点したい。分野的には二次関数、三角関数、微分積分がメインなので、この分野を中心に基本問題から発展問題まで十分に学習して準備しておく必要がある。
ページトップへ戻る

英語 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

基本的読解力と文法力を徹底させよう

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
例年通り出題形式は大問4題で、出題内容もほぼ同じである。[1]は記述形式の長文読解で内容説明、和訳、空所補充問題及び内容合致問題が出題されている。[2]も長文問題だが、空所補充問題である。文章の内容を正確に読み取る力と、基本的語彙力及び文法力が問われている。[3]は文法の空所補充問題、[4]は整序問題で全て基本的な問題である。基礎文法、語法、語彙、イディオム等が理解されていれば全問正解することができる。前半の大問2題は読解問題であるため、文法問題の解答時間が足りなくならないよう時間配分に気をつける必要がある。
ページトップへ戻る

化学 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

小問集合&基本問題

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
前期1日目・2日目とも大問4題の出題であり小問集合の基本的な問題と入試の標準的な問題で構成されているようだ。若干計算問題が多く出題されている。2009年度の前期2日目では空所補充の問題が多く・・・近年は空所補充の問題が目に付く。空所補充に使われやすいような用語や現象に関する語句などをしっかり整理して覚えておく必要がある。また入試でよく見られるような計算問題にもきっちりと対策しておく必要がある。難問や奇問はまったくないので学習量がそのまま得点に反映される試験だと感じる。
ページトップへ戻る

生物 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

語句と意味を答える問題が多い

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問4題となっている。1題は伴性遺伝に関する問題が出された。1題は記述5問で構成されていて、動脈血・血糖量調節・浸透圧調節などが出された。1題は花芽形成に関する問題が出された。1題は筋収縮に関する問題が出された。生物用語を答える内容になっている。記述は5問となっている。語句も記述も基本的な内容が多いので、教科書を中心にして語句を正確に覚えるようにしよう。問題集も基本問題を中心に語句を選択、または記入する問題を多く解くことで、語句に慣れるようにしよう。
ページトップへ戻る

物理 - 北海道医療大学 ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

電気回路は図をよく確認して解く!!

表1

◎=大問、◯=小問

表2 表3
傾向と対策
大問2題で構成され、力学、電磁気からの出題である。力学は斜面上の物体と糸でつながれ鉛直に吊るされた物体の運動で、一体となって運動するときや糸が切れた後の斜面上の物体の運動を考える問題である。電磁気は9個の抵抗と4個のコンデンサーと3個のスイッチと電池による回路で、スイッチの切り替えによる合成抵抗などを問う問題である。基本問題を中心に標準問題までが出題されているが、電気回路は落ち着いて解かないと見間違いなどのケアレスミスをしやすいので十分な注意が必要である。
ページトップへ戻る