歯学部入試対策なら

歯学部入試対策ドットコム 歯学部入試対策ドットコム、医学部入試対策ドットコムは
医歯専門予備校メルリックス学院が提供しています。
HOMEサイトマッププライバシーポリシーリンク集

松本歯科大学

数学 ― 松本歯科大学  ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

      2009 2008 2007
解析系 二次関数    
Ⅰ・Ⅱ 数と式      
指数・対数
三角関数  
微分・積分
数列      
いろいろな関数と極限      
微分      
積分      
図形系 三角比      
図形と方程式    
ベクトル      
いろいろな曲線      
その他 個数の処理    
確率  
確率      
行列      

標準
記述
出題傾向が変わったので注意

'08まで毎年似たような出題傾向であったが、'09から大幅に変わったので注意してほしい。'08は大問3題で[1]が穴埋め小問4問だったのに対して、'09からは記述式の大問が4題になった。例年、比較的簡単な問題だったが、'09から、より柔軟な思考力が求められるようになった。[4]に証明問題も出題され、しっかりと学習しておかないと完答は難しい。対数を利用する文章問題、正四面体や直円錐に関する図形問題、公式などの証明問題などは、今後も出題されると思われるので、しっかりと対策を練っておいた方が良い。


英語 ― 松本歯科大学  ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

    2009 2008 2007
読解 和訳      
内容説明      
内容合致
発音・アクセント      
同・反意語句      
派生語      
空所補充
語定義      
英作文      
文法 同・反意語句      
派生語      
短文完成
語定義      
誤文訂正(指摘)      
発音・アクセント 発音・アクセント      
英作文 整序      
和文英訳
自由英作文
会話文 会話文      

記・マ
基礎英作文の訓練が不可欠

問題形式は変化のあった'08と全く同じ。[1]文法系空所補充が10問。全て基本問題。 [2]の単語補充10問は明らかに品詞の識別力を試している。[3]の短文英作文5問も、[5]の自由英作文(最低100ワード)も、基礎的な英作文力を試すレベルではあるが、この点に最重点を置いているので、日頃から記述の訓練が不可欠である。対策の一環として、基本英文の暗唱をお勧めしたい。[4]の読解形式5問も基礎レベルである。全体を通して基礎を大切にしているので、中学レベルから高校初級レベル位までを完全にして受験に臨みたい。前期・中期・後期同形式である。


化学 ― 松本歯科大学  ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

    2009 2008 2007
理論 原子の構造・化学結合    
化学量と化学式    
物質の三態・気体の法則      
溶解度・濃度      
コロイド・希薄溶液      
化学反応と反応熱  
酸と塩基の反応    
酸化・還元    
電池・電気分解    
反応の速さと化学平衡      
無機 周期表と非金属元素    
金属元素      
有機 脂肪族
芳香族    
     
アミノ酸とタンパク質      
合成高分子    

記述
受験期によって難度が・・・

例年、前・中・後期の各期の受験問題を分析するが受験期によって難易度が異なるような感じがする。'07では前期の問題のみが内容がやや難しくなっているように感じたし、'08では前期の問題のみがやや易しくなっているような感じだ。'09では中期の問題が前期や後期の問題に比べて問題量もやや多く感じる。比較的計算問題が多くなっているのが前・中・後期を通した共通の特徴か・・・。出題の内容は基本的な問題のみの出題であるので教科書の内容を整理できていれば問題ない。


生物 ― 松本歯科大学  ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

    2009 2008 2007
細胞 細胞の構造と組織  
細胞膜の性質と浸透圧    
染色体と体細胞分裂      
生殖と発生 減数の分裂・受精と世代交代      
発生と器官形成    
分化・形態形成とバイオテクノロジー      
遺伝・変異 遺伝    
核酸とタンパク質合成      
オペロン説と変異      
代謝 酵素とATP      
同化・異化    
反応と調節 恒常性の維持と腎臓・肝臓      
免疫・血液型    
神経系・筋肉  
ホルモンと調節    
生態系 生態系      

やや易
記・穴
問題数が少ないのでミスは危険

大問3題となっている。1題は耳に関する問題で、空所補充・リンパ液の説明(40字)・感覚細胞の興奮について(40字)が出された。1題は生殖に関する問題で、配偶子の名称・卵・精子が出された。1題は植物に関する問題で、正誤問題が出された。問題数が少ないので、不得意分野を作ると危ない。問題は基本的なものが多く、難しいものは出ていない。教科書を十分に読んで、文章の流れを把握して覚えよう。正誤問題は、語句の意味を正確に覚えておく必要があるので、生物に必要な語句は覚えよう。


物理 ― 松本歯科大学  ※2010年度入試以降の入試対策は行っておりません。

    2009 2008 2007
力学 等加速度運動・運動方程式・慣性力
力のモーメント・重心      
運動量と力積・仕事とエネルギー    
円運動・遠心力      
単振動      
万有引力とケプラーの法則      
電磁気学 電場と電位      
コンデンサー      
直流回路      
磁場・電磁誘導  
交流回路・電気振動・電磁波    
波動 波の性質      
音波      
光波    
熱力学 熱量と温度    
気体分子運動論      
気体の状態変化      
原子 粒子性と波動性      
原子の構造      
放射線・核反応      

やや易
記述
基本問題が中心、ミスしないこと!!

大問3題で構成され、電磁気、力学2題が出題されている。電磁気はモーターの原理と発電機の原理で、誘導起電力の概略の描画も出題されている。力学の1題目はばね定数や自然長を求めたり、斜面上のつりあいでのばねの長さを求める問題である。2題目は浮力と重力のつりあいから容器を水に浮かべた時の水面の高さを求める問題である。基本問題を中心に出題され、典型的な問題が多い。時間には余裕があるので、勘違いが多い水面の高さの問題は、丁寧に解くことが大切である。